<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

おさけのおべんきょう

       仕事で日本酒の知識をつけるために、
       旭川の合同酒精工場の見学に行ってきました。

e0165959_9333826.jpg

      合同酒精は全国で酒を製造・販売するオエノングループの主力会社で
      旭川と松戸に工場を持ち、酒の販売・製造を行っている。
      主力商品として「ビックマン」「鍛高譚(たんたかたん)」などがあります。

      旭川の水でこだわりの日本酒を製造・販売しているオエノングループの
      「大雪の蔵」も見学させて頂きました。

e0165959_947234.jpg

     ここ合同酒精旭川工場では、北海道消費分の年間200万リットルの
     出荷をしているそうです。
     う~ん・・数字が大きすぎてピンときません。
     全国出荷の松戸工場では、
     なんとこの6倍ものお酒を出荷しているそうです。

e0165959_9494387.jpg

       早速「大雪の蔵」の製造工程を見せていただきます。
       厳選な基準のある鑑評会で毎年金賞を受賞しているそうです。

e0165959_953108.jpg

       日本酒造りは下記の工程で作られています。
       精米=> 米洗い=> 米蒸し=> 麹造り=>もと造り=>
        仕込み=> 搾り=> 火入れ=> ビン詰め
       
       こちらは精米する前の原料米です。大雪の蔵では、
       「北海道米きらら397」を使用しています。
       更に大吟醸では、日本酒に合った品種の米「彗星」を
       地元旭川近辺で作って使用しています。
       
       地元の米と水で作ったお酒は、愛称がよく美味しくなるのです。

e0165959_1001527.jpg

       こちらは精米された米。
       精米とは外側にある脂肪やタンパク質を削り取り、
       「でんぷんだけの白米」にします。
       磨かれた米は、麹(こうじ)が入りやすくなるのです。
       大吟醸酒などでは65%も磨くことがあります。

e0165959_1023924.jpg


e0165959_102527.jpg

       種麹は、菌の一種で、米などから取れた糖に菌を繁殖させて作ります。
       
       種麹を米に繁殖させてアルコールや糖や良い香りを精製させます。
      
       パンで言うイーストみたいな物ですね。
       イーストは小麦の糖を餌として、糖とアルコールと炭酸ガスを発生させます。
       この炭酸ガスで生地が膨らんで、
       それを高温で焼くと、良い香りと旨みのパンが出来上がるのです。
       って、今は日本酒の話ですよね。
       
       更に豆知識。
       醸造業界では、種麹のことを“もやし”と呼んでいます。
       麹菌が芽を出し白っぽい菌糸が伸びていく姿は、
       まさに食べる「もやし」そのものであり、
       木々が芽吹く姿にも似ていることから、
       その時使われる「萌える」という言葉を語源としてモヤス(シ)
       になったとも言われています。

e0165959_10235253.jpg

       さて日本酒作りに戻ります。
       精米されたお米は、米洗い工程で表面に着いた糠(ぬか)などを洗い落として
       更に麹が最適に繁殖できる環境にするため、米を水につけます。
       ここが職人の感が必要なところ!
       吟醸酒では、水に漬ける時間数秒の違いで味に変化が出てしまうそうです。
       
       米洗いが終わると甑(こしき)と呼ばれる大きな蒸し釜に入れられ、
       一時間ほど蒸されます。      
       そして乾燥機でぱらぱらになるように乾燥させます。
       日本酒作りの世界では、ねっとりご飯はNGなのです。

e0165959_12523526.jpg

       こちらは乾燥後の米。
       ここから麹作りに入ります。
       蒸米を35度ぐらいまで冷やし、そこに種麹を混ぜ、麹菌を繁殖させます。
       
       繁殖をつづける麹菌の発熱によって麹の温度が変化してゆくので、
       差し込んだ温度計で監視しながら少しでも温度が上昇したら換気をし、
       逆に下降したら熱風を送り込む。
 
       この麹造りに要する時間は二昼夜、48時間。
     
       昔から「一麹、二もと、三造り」と言われるように、
       うまい酒づくりの鍵を握っているのが麹で、
       その出来映え次第で酒の質も左右されるのです。

e0165959_12573416.jpg

       このような麹作り作業も、
       今では機械の電子によって管理されています。
       とは言っても、上の話でもわかるように、麹作りはとても大切なもの。 
       微妙な加減をする職人さんは今でも必要で、
       麹作り時には、目が離せないそうです。

e0165959_1364177.jpg

       出来上がった麹と蒸米と水、そして酵母菌を入れて出来たのが
       酒母(しゅぼ)で、酒の元になるところから「もと」とよばれます。

       又、この中には酵母の働きを邪魔する雑菌類から守るため、
       乳酸が入れられます。(画像は酒母)

e0165959_1385232.jpg

       酒母に麹、蒸米、水を加え、もろみを造る。
       もろみ造りは一度に仕込むのではなく、「三段仕込み」といって
       普通3回に分けて行われます。
       最初が「初添(はつぞえ)」、2回目が「仲添(なかぞえ)」、
       3回目が「留添(とめぞえ)」と呼ばれ、量をだんだん増やしてゆく。 
       いっぺんに量を増やすと酵母が発酵不能に落ちいるそうです。

e0165959_1310660.jpg

       このもろみの中では、麹が蒸米のでんぷんをブドウ糖に変え、
       そのブドウ糖を酵母がアルコールに変える「併行複発酵」が行われています。

       留添を終えたもろみは、温度管理をしながら20日間ほど放置されます。

e0165959_13105699.jpg

       大吟醸は、更に低温で倍以上の日数をかけて、
       まろやかな旨み成分を出します。

       この中に落ちたら二酸化炭素だらけなので、
       酸欠で死んでしまうそうですよ。
e0165959_13172339.jpg

       その後、ちょうどよいアルコール分を含んだ状態を見計らって、
       もろみを搾り、酒と粕に分けられます。
       画像は大量にもろみを絞れる機械。2500万円くらいするそうですぜ。
       
       搾った酒は、そのままでは酵母が生きているので、
       気温の上昇してくる春から夏にかけて変質してしまう。
       そこで、約60℃の熱で低温殺菌を行い、酵母の活動を休止させます。
       この作業を火入れと呼びます。
 
       それから数ヶ月置いて、味、香りともに淡麗さ、
       芳醇さを十分に発するようになったら、
       腐敗防止のためにもう一度「火入れ」を行い、
       ようやくビン詰めされて出荷されるのです。

       は~、酒造りって大変ですねぇ~。
       とってもお勉強になりました040.gif

e0165959_1325578.jpg

       他にも見学させて頂いたので、つまんでご紹介します。
       
       こちらは「鍛高譚(たんたかたん)」を貯蔵しているタンク。
       
       ここで素朴な疑問。
       昔から焼酎のタンクには緑のペンキが塗られているのですが、なぜ?
       工場長も知らない七不思議のようです。

e0165959_13292187.jpg

       こちらは、焼酎を熟成させている樽倉庫。
       これぞ昔ながらの酒造りを感じさせてくれますなぁ。

e0165959_1331434.jpg

       瓶詰め充填機です。よく平成教育委員会で見かけますね。

e0165959_13315246.jpg

       出荷倉庫には300種類ものお酒が集荷されています。
       北海道全道に集荷するビックマン。
       この量で、たった2日分だそうです。

e0165959_13343790.jpg

       最後に「大雪の蔵」の販売店を見学させていただきました。
       こちらは、この販売店で一番売れている、
       大雪の蔵 大吟醸酒「鳳雪」。
       
       自然な甘みと芳醇な香りで北海道の日本酒らしからぬ、繊細なお味です。

e0165959_13531482.jpg


      合同酒精・大雪の蔵のみなさん、大変お世話になりました。
      これからも、美味しいお酒を造ってくださいね040.gif





     
       
       
[PR]
by 6gen-no-oto | 2010-10-31 13:55

紅葉の秋  「祝ブログ200回」

    先週は定山渓の紅葉を見逃したので、妻の実家に行くついでに紅葉見物へ

e0165959_19355978.jpg

          登別に行くまでの高速道路でも紅葉が見ごろで綺麗だった。

e0165959_19375410.jpg

           知る人ぞ知る紅葉名所「新登別大橋」

       10以上前に潰れて今は廃墟になっている「天華園」近くにあります。

e0165959_19442048.jpg

       結構有名なのですね、次々と見物客が車を泊めて見物しています。

e0165959_19452442.jpg


e0165959_19454054.jpg


e0165959_1946160.jpg
 

e0165959_19461687.jpg


e0165959_19462988.jpg


e0165959_19464547.jpg

         高さがある新登別大橋から見下ろす紅葉は圧巻の美しさでした。

e0165959_19491410.jpg

            新鮮たまごを使った料理やスィーツが楽しめる
           「白老たまごの里 スィーツマザーズ」へ。

e0165959_19514234.jpg
 
              日曜とあって大盛況! 
              人気は3種類あるシュークリームだ。

e0165959_19523125.jpg

            子供たちはソフトクリームが大好きなんです。

e0165959_19531318.jpg
 
               期待のシュークリームは・・

e0165959_19534220.jpg

           カスタードクリームがたっぷり入っているんだけど、
           あまりたまごの風味は感じないかな・・
     もっとわかり易くたまごの風味を出したほうが良いのではないでしょうか。

e0165959_19561794.jpg

          隣のたまご館では、新鮮玉子の親子丼が食べられます。

e0165959_19571452.jpg

               まぁ観光客相手と言った感じですね。

e0165959_2021933.jpg

         帰りがけに虎杖浜を通ったので、有名なたらこを求め販売所へ

e0165959_19594911.jpg

             冷凍ですが結構な種類が揃っていました。

e0165959_2024888.jpg

          ユニークな販売所で、特大たらこキューピーを発見しました。

e0165959_203547.jpg
 
            その販売所で見つけた、「みつを」の言葉。

             
          ブログ200回を飾る、初心を見つめ直す良い締め言葉です。


  
    
           
[PR]
by 6gen-no-oto | 2010-10-24 20:09

定山渓温泉 「森の歌」

        先日定山渓の豊平峡ダムに紅葉を見に行ったのだけど・・

e0165959_1253283.jpg

           定山渓温泉に入っても、まだこの色づき。

e0165959_12542274.jpg

          しかも入り口付近はこの渋滞で、駐車場まで30分以上待ち・・
          
          駐車場に入ったとしても、
          電気バスに乗るのにもっと時間がかかるでしょう。

e0165959_12564015.jpg

          すぐにあきらめて、以前行った支笏湖温泉「水の歌」
          鶴雅リゾートが、森のコンセプトで定山渓に今年オープンさせた
          「森の歌」へ日帰りランチ温泉プラン目当てに行ってみた。

e0165959_133625.jpg

          予約していなかったので、ダメもとだったが、
          偶然キャンセルが出て、すぐに入れるとのこと。

          こちらは大きな暖炉が印象的な、くつろげるロビー空間

e0165959_135183.jpg

             フロント前でケーキ販売している。
             とてもきれいなホテルケーキです。

e0165959_1361937.jpg

              ランチビュッフェは予約だけで超満員。

e0165959_1374579.jpg

            中華・和食・イタリアン・洋食・サラダ、
            材料を吟味されて手の込んだ料理が、
            豊富な種類で並んでおります。

e0165959_13232053.jpg

           ほぼ全種類制覇しましたが、味はすばらしく良いです。
           私的には、「水の歌」よりも質・量共に高く感じました。

e0165959_13245441.jpg

            ふと外をみると、すごい数の雪虫が飛んでいて、
            雪のようでした。

e0165959_1326739.jpg

             デザートも甘すぎず、すばらしかったです。

e0165959_1327438.jpg

              にんじんのグラッセも芸術品のよう。 

e0165959_13274985.jpg

            その後温泉に入りました。
            
            森のスパと名づけている温泉は、
            潤いあふれる森のオアシスをイメージしています。
            BGMは、鳥たちの鳴き声と木々のざわめきを表現した音楽。
            光があふれる高い天井の大浴場、
            樹々が生い茂る森に囲まれたような露天風呂です。
            (インターネット抜粋)          
   
            澄んだ透明の温泉で気持ちも新鮮にリラックスしました。

e0165959_13322363.jpg

           温泉あがり後は、ロビーの休憩所でのんびり。
           この空間は、とてもくつろげて落ち着きます。

e0165959_1334147.jpg

            高そうな真空管ステレオシステムを発見!

e0165959_13344093.jpg

          これまた素晴らしいチェアーに座ってジャズなどを視聴しました。
   
               とても贅沢な気持ちに浸れます。

e0165959_1336548.jpg

           子供たちとしばし休憩していると、
           なんとハープの生演奏が始まりました。

           1日4回、約30分の演奏が楽しめます。
            
           これまた素晴らしい音と演奏でした。

e0165959_13392360.jpg

            暖炉に薪がくべられて、火がつけられました。
            薪のよい香りでリラックス効果が倍増です。

e0165959_13412824.jpg

           ホテルの前では真っ赤になった紅葉を観ることが出来ました。


           
           
           とっても贅沢な一日を過ごすことが出来ました058.gif





            
[PR]
by 6gen-no-oto | 2010-10-20 13:49

カリー特集

          前回の食欲の秋「カレー編」が好評だったので、
          今月食べたカレーをご紹介します。

e0165959_993330.jpg

         まずは、美味しくて体に優しいスープカレーの店「マグマ」
 
         私の好きなブログで紹介していたお店で
         以前から行ってみたかったお店。

         次はしばらくいけなさそうだったので、
         すべてがわかる欲張りメニュー
         「メガ盛りマグマカレー1600円」を注文。
         鳥もも肉と野菜ベースの大盛りスープにたっぷりエビと
         コラーゲンポークトッピングで、超贅沢スープカレーです070.gif

e0165959_9175515.jpg

         お味は、余計な味がいっさいしない(無添加)で、
         少し薬膳を思わせるようなさっぱり味なんだけど
         あとから旨みが沸いてくる。
         まさに体によさそうで、美味しい味ですね。
         ほろほろに崩れる鳥もも、揚げて旨みを閉じ込めたエビ
         とろとろのコラーゲンポーク、味がしっかりある野菜。
         
         丁寧な仕事を感じる、美味しいスープカレーです。

e0165959_9234838.jpg

         次はちょっと変化球で、室蘭のカレーラーメンで有名な、
         「味の大王 室蘭本店」に仕事ついでに行ってきました。

e0165959_9253794.jpg

          「カレーラーメン大盛り 700円+100円」
   
           スパイシーな食欲をそそる香りです。

e0165959_9274893.jpg

           出た!超こってりなのに、縮れ細麺!
           これでもか!って言うくらいカレーを感じさせてくれます。

           スープのざらざら感が少し気になりますが、
           スパイシーで病みつきなる味です066.gif
           
           どんどん押し寄せるお客さんが証明していますね。

e0165959_9324372.jpg

           お次は、カレーのジャンルで大好きなインドカレー。
 
           ここ「インド料理ラム」は
           北海道食べログカレーランキング2位のお店

e0165959_9362899.jpg

          2種類のおまかせカレーにライスorナン、
          チキンテッカ(スパイスチキン)、サラダ、ドリンクが付く
          豪勢な「ランチセットA 950円」をチョイス。
 
          種類はおまかせで決まっているんだけど、
          口コミで評判なバターチキンとマトンカレーを
          お願いしてみたら、快く承諾してもらえました040.gif


e0165959_9443282.jpg

          すごいボリューム!これにチキンテッカとラッシーが付くなんて
          かなりCP高いですね066.gif

e0165959_946339.jpg

          お味は、とろみがありスパイス抑え目で、
          マトンはマトンの旨み、チキンならチキンカレーの旨みが
          しっかり出ていて、濃厚なお味。
          
          初めてインドカレーを食べる人でも美味しく食べられる
          日本人に合うインドカレーって感じでしょうか。

          私の好みでは、もう少しスパイシーが好きかな。

          ホールの人もご主人もみんなインドの方なんだけど
          とても親切で愛想がよく、気持ちの良いお店です058.gif

e0165959_9535984.jpg

          最後は、個人的に一番大好きなインドカレーのお店。
          
          南区にある「インドカリー アマン」

          ここの「バターチキン 1200円」 超絶品066.gif
          この日も電話で作り置きしてもらってテイクアウト。!

e0165959_959637.jpg

             「バターチキン 1200円 味付けライス」

            いつもインドカレーにはナンしかなかったのだけど
            この味付けライスはこのカレーにとっても合う!
e0165959_1022819.jpg

           たまねぎとクミンシードで炒めてあります。
           スパシーなインドカレーにぴったりです058.gif

e0165959_104725.jpg

           このバターチキンカレーのスパイス加減と、
           トマトベースにバターのコクとチキンの旨みが合わさって
           ほんとに絶妙な味で、うま~!!066.gif
           一口食べたら止まりませんのでご注意を。



       
       今回カレーを色々食べ歩いて、
       カレーはどんな調理にも使われていて、奥が深くて、
       支持が広くて、みんな大好きな食べ物ですよね058.gif
[PR]
by 6gen-no-oto | 2010-10-17 10:15

運動の秋

        マラソン大会も今シーズン終わってしまってオフモード。
 
        かといって食べてばかりでは、豚になってしまう。

        週2回の休みには、1時間強の10km~13kmを日課にしています。
        
    2年間走り続けている円山公園外周おすすめランニングロードをご紹介します。

e0165959_903117.jpg

        円山公園まで約500mは、アップで軽く心拍数を上げる。
 
        円山公園北1条側の入り口がスタート地点。
        
        犬の散歩している人、体操をしている人、太極拳をしている人
        ランニングをしている人、ウオーキングしている人、
        通勤している人、動物園にきている人、
        円山球場やテニスコートでの試合に向かう人。
        
        色々な目的で訪れる方を日々見かけます。 

e0165959_974160.jpg
 
        公園奥に進むと、円山動物園に向かう遊歩道に入ります。

e0165959_910197.jpg

        自然の中に木の板で作った道が約500m続きます。
        
        自然豊かで、とても気持ちの良い道ですが、
        登りのため、周回を重ねると辛い道でもあります。
  
              野生のリスをよく見かけます。

e0165959_9152840.jpg

         遊歩道を抜けると、円山動物園正面入り口があります。
    
         年間パスで、ほぼ毎日来る子供たちもいるようです。
         
         一度有名なシロクマ(名前は忘れました)が他の動物園に移る時に
         遭遇しましたが、すごい数のお別れを惜しむ人たちが来ていました。
         
         動物好きにはたまらない北海道を代表する動物園です。

e0165959_9195668.jpg
 
         円山球場・陸上競技場・テニスコートを右に走ります。
 
         北海道の大きな大会が行われるので、
         応援もすごい数の人で盛り上がっています。

         この日は雨明けで、虹が出てきました。

e0165959_923476.jpg

          北海道の神社「北海道神宮」鳥居前を通過します。
 
            年始には約80万人が参拝に訪れます。

          坂道を下りスタート地点の円山公園入り口に到着で、
          約3kmの距離。
          普段は3週から4週。最高で7週の記録があります。
   
e0165959_9143178.jpg

           
          涼しくなってきて、走りやすくなってきたので
          ダイエットのためにも、距離を伸ばしていこうと思います。



          
[PR]
by 6gen-no-oto | 2010-10-13 09:33

食欲の秋 PART 4

          食欲編はラーメンでやめようと思っていたのですが、
          10月に入り、今度はカレーにはまってしまいました005.gif          
         カレー専門店ですごい店を見つけたので、1件だけご紹介します。

e0165959_911589.jpg

             その名は「一文字咖喱店」
       
        場所は札幌白石で、 国道12号線と南郷通りの間
        札幌国際センターの中通りを挟んだ向かいです。

         この店、カレー部門北海道食べログ現在最高点の店
         スープカレー、ルーカレーの両方美味しいとの噂。

e0165959_985256.jpg
       
        ひとつ大きな難点は、駐車場が店前2台しか停められません。
           
        小さい車なら、店の人に話せば奥の駐車場に停めさせてもらえます。
        そちらはご好意で借りてるようなので、あくまで空いてるとき限定です。

e0165959_9155881.jpg

           中はとってもセンス良くて、
           席は4人用の机2つとカウンター4席です。
 
         店主とホールのアルバイトの方2人で切り盛りしていて、
         営業時間は昼(11時~15時)と夜(17時30分~21時)で、
         定休日は日曜日+月1ぐらい(店のカレンダーに書いてあります)です。

e0165959_9205447.jpg

         メニューは、大きくスープカレーとルーカレーに分かれます。
         
         悩んだ挙句に、ルーカレーのチキンカレー、ライス中盛り
         チーズトッピング・オンザライス、辛さ3番で決まり!
          
         ルーカレーならチキン、
         スープカレーならチキンベジタブルが定番のようです。
e0165959_9265234.jpg
  
         チキンカレー750円・チーズトッピング150円・ライス中盛50円
         
           見た目はすご~く美味しそうで、良い香り004.gif 

e0165959_929025.jpg
           味は、色んなスパイスの味がするんだけど
          西洋カレーの味がしっかり表現出来ていて、
          後から辛さがマスタードのようにやってくる。
      
          ほろほろに崩れているチキンがたっぷり入っていて、
          これだけ煮ているのに、旨みがしっかり残っている。
          更に下に眠っている、
          揚げているジャガイモが風味豊かホクホクで劇ウマ066.gif

          あっつあっつで、めっちゃ辛いんだけど、手が止まらない。
          汗だくになって一気に間食!これはうまいぞ066.gif
          
          更なる驚きは、食べた後口中さっぱりでもたれないんです。           
          間違いなく、私のカレー至上NO.1です!
      
        
e0165959_9423912.jpg
          あまりに美味しかったので、2日後昼一で来て、
          今度はスープカレーを食べちゃいました037.gif

          チキンベジタブルカレー950円・ライス大盛(ランチサービス)
          白身フライトッピング150円・アイスコーヒー(ランチサービス)

e0165959_9473053.jpg

        これまたスープも野菜も、創造以上の味で激ウマ066.gif
        なんというか、オーソドックスで知っている味なんだけど、
        良い塩梅で旨みがしっかり出ているのです。
          
        野菜もひとつづつ揚げたり、炒めたり、
        その野菜に合う調理がされていて、素材の美味しさを引き出しています。


e0165959_95981.jpg

          白身フライもカリカリに揚がっていて、うま~066.gif 

e0165959_1014910.jpg

         
 
          つくづく料理はセンスだなぁって思います。
          
          ご主人はとても人思いの感じで、アタリが柔らかな方。               
          値段もリーズナブルだと思うし、末永く繁盛し続ける店だと思います。
          
          また駐車場が埋まってないときに寄らせてもらいますね040.gif
          
[PR]
by 6gen-no-oto | 2010-10-10 10:07

食欲の秋 PART 3

             まだまだまだ、ラーメン続きます!

e0165959_9553288.jpg

          ここは円山にある長崎ちゃんぽんで有名なお店「一鶴」(いっかく)

          食べログで、やたら評判が良いので行ってみたかったお店。

          場所は、南8条西23丁目のわき道を入った
          ちょっとわかりづらいところにあります。

e0165959_959821.jpg

           ダントツ人気でほとんどが、ちゃんぽんを頼むらしいけど、
           ラーメンや親子丼やライスカレーなんかもこだわっていて美味しそう。

             たかな飯とちゃんぽん大盛りをオーダー!
 

 
e0165959_1002610.jpg

                「たかな飯310円」
            
            自家製の高菜はしょっぱくなく高菜の風味豊かで、うま~066.gif

e0165959_1033819.jpg

               「ちゃんぽん大盛り 1050円」
           
                野菜たっぷりで美味しそう。

e0165959_105496.jpg

              麺は意外にも極太手打ち麺でもっちもち。
            
             魚介やら豚骨の良いダシがたっぷり出た
             自然の甘み豊かなスープが激うま066.gif
             
             平日昼時には次から次へとお客さんが入ってくるのも
             うなずける味です。

             個人的な意見だけど、これだけスープが美味しいので
             麺はスープにからむ自家製の縮れ平麺あたりが良いね。 

e0165959_1010555.jpg

        お次は以前にも紹介した「つけ麺 Shin」の「あつもり780円」
             
            あれから色々なラーメン食べ歩いたので、
            どう感じるか再食したくなった。

e0165959_10141141.jpg
 
              相変わらずの濃厚な付け汁。
            
             濃厚な豚骨魚介で、煮干系の香りが強いスープ

e0165959_10161967.jpg

             麺はカネジンの極太麺でもっちもち300gなり。

              味は・・            
              相変わらず濃厚で美味しいんだけど、
              煮干系魚粉の臭みが鼻につく。
              
              作る人は変わっていなかったが、
              店の汚れが目立って、荒れている感じがする。
              
              店主はエスタ店に行ってて、
              たまにこちらで作っているんだけど
              店主の作ったつけ麺は美味しかったなぁ~     
              
              東京有名店「六里舎」の味を引き継ぐお店なので、
              がんばって欲しいです。

e0165959_1023481.jpg
 
             ラーメン巡り最後のお店は、
             現在北海道ラーメン食べログ最高点の「ラーメン 佳」へ。

e0165959_14151117.jpg

         ここのメニューは、ラーメン(650円)、
         味玉ラーメン(750円)、ライス(100円)のみで、
         ひとつの味に魂を注ぎ込んでいます。

e0165959_14171122.jpg

          出てきたラーメンはとても丁寧に作られていて、美味しそう。
         
            濃厚豚骨煮干系スープはとろみがあり、
            しょっぱさは無く、旨みが凝縮されたスープです。

e0165959_14211615.jpg

          麺は自家製の中太ストレート麺で濃厚なスープにとても合います。
          薬味に使っている生のたまねぎが、しゃきしゃきと、
          さっぱりして、いい味出してます004.gif

e0165959_14252584.jpg

           チャーシューもとろとろで、臭みがまったくなく
           スープと同化して、口の中でとろけます。

e0165959_14261429.jpg

          ごはんを頼んで、チャーシューとスープと玉子とメンマをのせれば
          極上のおじやが出来ます。うま~066.gif



        最近の人気ラーメンのトレンドは、濃厚豚骨魚介系でとろみがあり
        臭みがなくて、しょっぱくない。後味がさっぱり、
        こっさり系が流行っているようです。
        有名店になるほど、そのバランスがすばらしく、あとをひきます。

        味の微妙なバランスで、その店の店主の個性が出ていて面白いですね。


               
               勉強になりました040.gif


    
         
 
             
                  
         
             

              

                        
[PR]
by 6gen-no-oto | 2010-10-06 14:39

食欲の秋 PART 2

              まだまだラーメンが続きます!

e0165959_19133024.jpg

           こちら以前私の家の近くにあった「国民食堂」
           今は、新川通りから新琴似側に少し入ったところにある。
   
           繊細あっさり系の昆布だしが効いたスープが評判。

e0165959_1916826.jpg

           あっさり味の美味しいつけ麺を食べてみたかったので
              
              「つけ麺 大盛り 800円」をオーダー
    
                   細めんが鮮やか!

e0165959_19194125.jpg

         うん!とってもあっさり味だけどダシがしっかり出ていて美味しい。
 
           この麺なので、ズズっっとすすると喉越しが気持ちいい。
 
              あっさり好きな人にはお薦めの一杯です。

e0165959_19223245.jpg

             お次は、お休みに子供を連れて琴似にある
                 旭川ラーメン「ななし」へ

e0165959_1924141.jpg
  
            旭川と言えば「魚介系醤油」ということで

        「醤油 大盛りチャーシュー 650円+100円+200円」をオーダー

e0165959_19274953.jpg

            麺は細ストレート麺で、柔らかくて好きなタイプ

            スープは、豚骨と魚介系の味がふわっとして、
            あっさりやさしい味がして、うま~066.gif

            しょっぱくないのでスープもガンガンいけちゃいます。

e0165959_19324313.jpg
  
             薄切りのチャーシューがまたうまい!
 
             ひとつだけ弱点が・・
             チャーシューと麺をすすると若干の臭みを感じる。
             まぁそれも旨みといえば、そうなんだけどね004.gif

        
               
e0165959_19345313.jpg
    
 
             この日はこの後水泳でたっぷり遊んで、
             帰りに大好きな「BARNS」のソフトクリームを頂きました049.gif

e0165959_1937457.jpg


            子供たちも大満足です058.gif 

e0165959_1938242.jpg
 

            最後は、最近急上昇中の注目店!「麺屋 高橋」

            つけ麺でブレイクしたんだけど、こちらの

         「濃厚おさかなラーメン 大盛り 750円+100円」は名品です!

e0165959_19402916.jpg
 
            超ねっとり系スープは、
            魚介+豚骨+和風だしって感じの味(どんなんだー)

            そして全然しょっぱくなくって、美味しいスープのようだ。

            そして麺は極太麺、超しこしこで、うま~066.gif

e0165959_19442737.jpg


                幅広メンマは歯ごたえシャクシャク!

 
e0165959_1945072.jpg

           とろみあるスープに溶け込んでいるチャーシューは
           余り存在感が無いけど、臭みゼロで美味しいです。



           
            いや~ 北海道には美味しいラーメンがたくさんあるわ。


       
                
                  まだまだまだ続きます! 





      
                        
[PR]
by 6gen-no-oto | 2010-10-04 19:53

食欲の秋 PART 1

        と言っても年中食欲旺盛なんだけど、
        マラソンシーズンが終わり、旅行でゆるんだ食欲が
        涼しくなると、より加速してしまう(禁煙したのもあるかな)
 
        どうせ食べるなら楽しもう!ということで、
        9月は大好きなラーメンの有名店を食べ歩こう企画!

e0165959_951188.jpg
  
          1軒目は、多分北海道NO.1人気店の「彩味」(さいみ) 
           
          味噌ラーメンで全国的に有名な「すみれ」の暖簾分けの店。
          場所は、平岸環状線のびっくりドンキーの裏あたり
   
e0165959_9543563.jpg

          それにしてもすごい行列!一回目に行ったときはこの行列で
          1時間以上並びそうだったので、あきらめて
          リベンジで、平日の13時30分頃に行ったら40分待ちで食べられた。

e0165959_9564988.jpg

          味は、すみれよりも少しさっぱりしてるけど、
          普通の味噌よりはこってりしている。
          すみれ系の焼肉ダシ(表現わるっ!)のような旨みが
          後を引きます。
          しょうがを溶かすと後味がさっぱりして良いですね。
    
          すごい美味しいっていうインパクトは無いけど、
          確かにうまい!って感じです。

e0165959_1045726.jpg

          2軒目はこれまた平岸環状通り沿いにある人気店「山嵐」
           
          こちらはとんこつで有名で、現代的エッセンスが入ったお店。

e0165959_10135672.jpg

          基本の味は白スープと海スープで選べる。
          多分白がスタンダードで、海が海鮮系のベースかな。
          その他にも、汁なしのジャンクヌードルや、魚の納豆ごはん
          などユニークなメニューも多いです。

e0165959_10174262.jpg

            白スープ、ねぎだく、チャーシュー、大盛りで
            1250円なり。たかっ!

e0165959_10192352.jpg

           味は、背油たっぷりで濃厚なんだけど、臭みがまったく無く
           後味がさっぱりしている。
           京都の九条ねぎのような少し癖のある
           ねぎが良いアクセントになっていて、うま~066.gif
           
           でもこの量と質を考えると、ちょっと高いね。

e0165959_10225373.jpg

           3軒目は札幌北区太平にある「けせらせら」
           太平は新生有名店が多い地区。
             
           鶏白湯濃厚系スープが有名なので塩がおすすめ
 
        こちらの奥さん(多分)がとても柔らかく感じが良いです058.gif

e0165959_10273191.jpg

           塩の大盛りを頂きました。
          
           とっても見た目がきれいです。
           
           スープはさっぱりだけど鳥の旨みが凝縮していて
           こっさりでうま~066.gif

  
e0165959_1030527.jpg

           麺は、やや細縮れ麺でスープと愛称が良い

e0165959_10311394.jpg

           チャーシューは角と一枚物の両方入っていて
           結構豚の味がしっかり残っていてインパクトがある。
 
           これで650円(普通盛り)なら、かなり安いと思います。           


              次回PART2 まだまだ続きます!







          
[PR]
by 6gen-no-oto | 2010-10-03 10:37